期限後申告しないとどうなる?2

前回の期限後申告の話の続きです。
期限後申告・納税をずっとしないでいると、後に財産が差し押さえられる厳しい処分がくだされます。
といったものの実際には督促状が発送された日から10日経過後にいきなり差押さえられるのではなく、まずは電話や訪問で何回か督促されます。それを無視し続けたり、納付する気がないと思われると強制的に差押さえられるのです。もしも一括で納付できない場合でも、税務署などに相談し納付の方法や仕方を相談したり話し合ったりすれば後の差押さえを免れることが出来るのです。
要は払う気があるか無いかが大きな問題のようです。

それでも頑固に払わなかったら・・・
財産の差押さえや調査などについては裁判所の許可は不要。ある日、突然に差押えられますので注意が必要です。(市町村によっては任意で事前連絡するところも有り)
不動産(建物、土地)の場合、住むことは出来ますが勝手に処分することが出来なくなります。
また財産がない場合、または滞納処分が執行されることによって生活を維持することが困難と判断されたり事業継続の危機が認められたりすれば処分が停止になることもあります。

例え期限後申告であっても国民の義務はきちんと果たすようにしましょうね。

Comments are closed.