期限後申告?

期限後申告について今まで書いてきましたが、何においても期限内に終わらせることができるのは、誰しも理想ですよね。

期限というのは色々なものに設けられていますが、例えば懸賞の応募なんかでも期限後(締切後?)に郵送してしまっても、受け付けてくれませんよね。これは当然な例ですが、期限後申告というのはその名の通り、期限までに申告ができなかった人でも、税務署長の決定の通知がくるまでなら、申告書を提出することができるというもの。これは期限後になってしまっても受け付けてくれるということですから、非常にありがたいことですよね。

もちろんただ受け付けてくれるわけではないですが、この場合だと、“延滞税”がかかりますよね。そして他にも原則的には“無申告加算税”というものがかかります。これが期限後申告になってしまったペナルティーというわけですが、もし正当な理由がある場合だと“無申告加算税”は課されずにすむそうです。期限後申告というのは、申告できなかった人にはありがたい制度ですが、変わりに延滞税がかかるということを覚えておきましょう。ビデオレンタルでの延滞料金と似てますよね。

何度も言ってるかもしれませんが、延滞税や、無申告加算税というのは本来払わなくてもいい税金ですから、期限後の申告になってしまわないように期限内に片づけてしまうのが1番だと思いますよ。とか言ってる私も仕事が期限内に間に合わなそうなんですが・・・(泣)仕事の延滞料金制度がなくて良かったと思います(笑)

Comments are closed.