期限後申告の前に。

期限後申告について紹介してきましたが、そもそも期限後申告の前にあるのが確定申告ですよね。所得税法では毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得について、確定申告を行わなければいけないのですが、その申告しなくちゃいけない時期は、翌年の2月16日~3月15日までの間に確定申告を行わなければいけません。そして所得税を納付することになっているのですね。

ですがこの2月16日から3月15日までの期限内に確定申告を提出し忘れてしまったという場合でも、自分で気が付いたらできるだけ早く申告するようにしたほうがいいのです。そしてこの場合、『期限後申告』として取り扱われるのですね。そして期限後申告というのは、なるべくなら早めに行う方が有利なのです。ここで何回も言っていますが、申告をしなかったために税務署の方から調査を受けてから、期限後申告をしたり、所得金額の決定を受けたりすると、申告などによっては納める税金のほかに『無申告加算税』が課されてしまうからですね。

そして期限後申告によって新たに納めることとなった税金は、申告書を提出した日が納期限となるようなので、必ずその日に納めたほうがいいでしょう。

確定申告の際の間違いに、自分から気付いた時にすぐに期限後申告をおこなった場合であれば、余計な加算税が課されないということですが、それ以前に確定申告を忘れずにしっかり提出するとか、申告内容に間違いがないか事前に確認しておくことが大事なんだと思います。

Comments are closed.