更正決定とは

確定申告後、もう一度後で算出し直して申告するわけですが「期限後申告」には二通りの方法があると前記事で書きました。

そのうちの「更正の請求」についての補足です。
申告納税制度のもとでは納税義務者から申告書の提出後にその申告書に記載された課税標準又は税額等の計算が法令の規定に従っていなかったとき、あるいは申告すべき納税者が申告をしなかったときには、税務官署は行政処分をもってその申告書にかかる課税標準又は税額等をその後、調査額に改め、またはこれを決定しなければならない。これらの行政処分を「更正決定」といいます。

「違算・書き損じなどの誤りがある場合、裁判所が申し立てまたは職権により、それを訂正・補充する決定。」とされています。
納税に関する事に期限が決められている以上、これを過ぎてしまった期限後申告の場合は制裁があってもしょうがないですね。
全部が源泉所得税のように、自分の知らない間に納税OKならいいのですがそういうわけにもいきませんしね。自分の支払うべき税金は期限後にならないように申告・納税できるように日ごろから心がけましょう。

Comments are closed.