Archive for the '期限後申告とは' Category

期限後申告

月曜日, 11月 17th, 2008

期限後申告について。
例えば、報酬はほぼ源泉徴収されていて、申告すれば還付されるはずだったとします。
そして8年分の確定申告をしてなかったとしたら
申告すべき義務があった場合なら、早急に申告すべき事となりますね。

でも国税の賦課権には除斥期間が設けられているみたいなので、原則としては5年間(悪質な場合は7年間)しか
さかのぼれないものですから、5年分の申告されれば良いものとは思います。

【無申告加算税】
無申告加算税というのは、申告納税方式による国税《ここに相続税も含む》について、
法定申告期限内に申告書が提出されなかった場合において、期限後申告又は更正若くは決定されたとき、
その納付すべき国税の15%の割合で課されると言われています。【通法66条1項より】

無申告加算税は、期限内申告書の提出がなくても正当な理由があるときは課されません(同)。
また、無申告加算税は、自主的に申告がされた場合なら、5%に軽減されます。【通法66条3項より】

注意なのが無申告加算税は申告が遅れた期間に関係なく一律に加算されること。
そして税務署による指摘又は調査があった後に申告した場合の無申告加算税は15%が課されること。

でも先ほども言いましたが結果的に還付になるのなら、還付請求権の消滅時効は5年間ですから、
5年分しか申告はできないということになります。

申告書の用紙については、改正によって変わっていくものなので、基本的にはそれぞれの年分の申告書を使用すべきはずです。
ちなみに国税庁の確定申告書作成コーナーでは、平成16年分以降については作成できるようになっているようです。

納税と期限後申告

火曜日, 7月 15th, 2008

納税にも期限があり、期限後申告なるものもあるのがおわかりいただけましたか?国で定められたことですし、色んな決まりごとが数多くあります。
正当・正規な納税のために税務調査などのチェックも厳しく行われています。

ただ払えばいいってもんじゃないのが税金。
期末から2ヶ月以内に申告と納税を行う必要があります。
申告期限は厳守しなければいけません。もし期日が遅れ、期限後申告になると前にも言いましたが加算税などを覚悟、さらに青色申告の取り消ししなくてはならなくなります。

つい、うっかりがとんだ出費を生んだり、極論ですが財産差し押さえなどの処分を受けなければいけない事態になることを忘れてはいけませんね。
とはいっても、全部一般人が理解するのは困難かと思われます。
最初からプロの手ほどきを受けた方が無難そうですね。

納税に関しては人それぞれの環境で千差万別。
ちゃんと正しい方法なのか悩んだりした時は、迷わずプロに相談ですね!

期限後申告とは

金曜日, 1月 18th, 2008

期限後申告ってまず、聞いたこと無い方が多いのではないでしょうか。
まあ、読んで字のごとく「期限後」に「申告」することです。

税金を払うためにはまず自分で計算した後で税額を確定します。
それから申告するわけですが、それにも色々期限が決められているのです。
(例えば所得税なら3月15日が期限、消費税なら3月31日が期限というふうに)
確定申告の期限内であれば誤った申告書の提出後であっても、正しい所得金額や税額を記載したものを提出すると後で行った訂正後の申告書が有効とされます。
(確定申告後税額などが減るときは「更正の請求」を、税額などが増えるときは「修正申告書」を税務署に提出することになります。)

また申告期限後になってしまったら、いわゆる期限後申告した場合に納める税額には無申告加算や延滞税などのペナルティが課せられます。
期限後申告だと後で後悔しそうな感じですね。